気なるほくろは適切に治療しよう【検査してから施術を受ける】

抵抗感が少ない

医者

ほくろの治療が人気なのは手軽に施術を受けられるからです。それに確実に除去できると言われています。また、施術法もかなりダメージが少なくなってきていることから、痛みや心身への負担を気にする人にとっても抵抗感がなくなってきています。

詳しく見る

手術の種類による費用

医者と看護師

顔の気になるほくろを消すには、美容整形外科でレーザー治療を受ける方法や皮膚科クリニックで切除してもらう方法があります。ほくろの種類によっては再発の可能性もあるので、アフターケアのしっかりした信頼できるクリニックでの治療が望ましいでしょう。

詳しく見る

評判と実績がものを言う

顔に触れる女性

ほくろの治療は安心して受けられるクリニックを選びましょう。それには評判や実績を調べることが大事です。実際に施術を受けた人の声を参考にしてみましょう。また、申し込み方法はいくつかあります。その点も事前に調べておくと安心です。

詳しく見る

コンプレックス解消になる

カウンセリング

ほくろの治療を受ける人の多くは、ほくろに対するコンプレックスを抱えている人です。そのため、除去できることで人生が大きく変わることもあります。そのためにも、信頼できるクリニックを選びましょう。料金や治療内容に納得できるところを選びます。

詳しく見る

目立つ部位でも大丈夫

顔に触れる女性

綺麗に取り除ける

ほくろは赤ちゃんの頃は実はほとんどできている人はいません。しかし紫外線の影響や、その人自身の体質、さらにストレス等によって年齢が上がるごとにその数が増えて行きます。個人差はありますが、大体30個から40個位は出来ていると言われる事も有り、誰でも探せば簡単に見つける事が出来ます。ただ、放置しておいてもそれ程問題が無いことが多いほくろですが、目立つ部位に出来てしまうとどうしても気になると言う事も有ります。また気になるからと言って触ってしまうと余計な刺激を与える事になり、大きくなってガン化してしまう可能性も無いわけではありません。また抑々ほくろだと考えていた物が実はガンだったと言う事もあるので、何でもかんでも触るのは出来るだけ控えます。実際にほくろの治療を行う際は、本当にほくろなのか、それともガン化しているのかという事などもしっかりと検査してから施術を受ける事になります。実際に出来たものは、殆どの部位で取り除く事が可能となっているため、医療機関を受診する人は珍しくありません。また現在では小さな物であれば比較的リーズナブルな価格で取り除く事が出来るので、顔等に出来た物を取り除く人は多くいます。その際は外科的な施術となりますが、入院の必要はなく、さらに治療に要する時間もかなり短くて済みます。一言でほくろと言っても、実はその状態によって選ぶべき治療法が変わってくるため、どんなケースでも同じ様に対応するわけではありません。基本的に治療法を決めるポイントは、値の深さ、サイズ、場所によって選ぶべき方法が変わってきます。たとえば、表面に出来ているだけで殆ど根が無いと言う時は、レーザーを照射する方法で対処が可能です。レーザーは濃い色に反応する物なので、ほくろの部分だけを照射し、その他の部位は殆ど影響を与える事は有りません。だから、健康な肌にも余計な影響を与えてしまい余計なトラブルを起こしてしまう可能性も最小限に抑えられると言うことです。また根が深い場合はメスを利用して切除したり、メスとレーザーを併用したりする事も有ります。根が深いタイプにレーザーを照射しただけだと、表面の色を取り除く事は出来ますが、まだ出っ張ったままになってしまう事も有ります。そこでメスを利用して切除する事が出来れば、肌の表面に出っ張ってしまっている場合にも対応する事が出来るのです。したがって、ほくろ自体は何種類も有りますが、除去の際はその種類に合った方法を選ばなければなりません。基本的にほくろ自体は自然に増え、さらにサイズも徐々に大きくなって行く事も有りますが、それはごく自然は変化です。また色も黒や茶色だけでなく赤、青等もありこれらは見た目は違いますがほくろとひとくくりにされる事も決して少なくないのです。